車ニュース

レクサスUX 大人気になる理由とは?【新型SUVクーペ登場】

投稿日:

レクサスUXは、

レクサスの最新SUVです。

 

Cセグメントで、

レクサスブランド最小SUVです。

レクサスUX、レクサスLX,RX,NXと違いは?

 

上はUXの動画です。

 

レクサスのSUVは、

大きい順に、

LX,RX,NX

と続き、

4番目のSUV、

最小モデルが新登場のUXとなります。

NX(AGZ1、AYZ1)は旧式で選んだら損?!UXより劣る理由とは

レクサスNXとボディーサイズを比べてみます。

レクサスUX レクサスNX
全長 4,995mm 4,640mm
全幅 1,840mm 1,845mm
全高 1,520mm 1,645mm
ホイールベース 2,640mm 2,660mm

全長はUXの方が長いのですが、

NXが一回り大きいボディーサイズになります。

 

エンジンを比較すると、

 

NXは、

直列4気筒2.0LターボエンジンのNX300と、

直列4気筒2.5LエンジンハイブリッドのNX300h

 

UXは日本モデルは、

直列4気筒2.0L直噴エンジンのUX200

直列4気筒2.0L直噴エンジンハイブリッドのUX250h

です。

 

エンジン、ボディーサイズから見ても、

レクサスNXはミドルサイズSUV、

レクサスUXはコンパクトSUV

と言う位置付けです。

 

ただし、

NXは2014年発売のモデル。

 

ボディーサイズ、出力、価格、

とも差が少ない。

 

プラットフォームも

UXの方が新しものを使っています。

 

NXとUXを比較すると、

新型UXが人気になると思います。

UXとC-HR(ZYX10/NGX)比較したら、160万円以上のボッタクリが判明!?

レクサスUXは、

車格的にもトヨタのC-HRがベース車両ではないか?

と言われています。

 

サイズ的にも、下の通りです。

レクサスUX C-HR
全長 4,995mm 4,360mm
全幅 1,840mm 1,795mm
全高 1,520mm 1,550-1,565mm
ホイールベース 2,640mm 2,640mm

全体的に、UXの方が大きいとは言え、

ホイールベースが一緒で、

最小半径が5.2Mと一緒で、

両車とも取り回しの良い車体になっています。

 

また、プラットフォームは、

同じTNGA(レクサスではGA-C)を採用しています。

 

C-HRとUXのサスペンションは、

フロントがマクファーソンストラット式、

リヤがダブルウィッシュボーン式

と同じ仕様です。

 

エンジンは違っていて、

 

C-HRが1.2Lターボと

1.8Lハイブリッドの2種類です。

 

UXは、

2Lターボと、

2Lハイブリッドの2種類で、

パワフルな走りが期待できます。

UX、知らなきゃ大損のグレード選び 最安グレードはやめておけ

レクサスUXは、

2LのUX200

2.5LのハイブリッドUX250h

の2モデルに、

それぞれ「F SPORT」という

スポーツモデルが出るようです。

 

「F SPORT」は、

スポーティーな外観に、

シート、ステアリング、メーターなども

スポーティーな専用デザイン。

 

きめ細かい減衰力の制御を行うリニアソレノイド式AVS、

フロントサスにパフォーマンスロッド、

リヤにパフォーマンスダンパーを装備し、

操縦安定性と上質な乗り心地を実現。

 

人気グレードは、

前評判の高い、

ハイブリッドのスポーツモデル、

「UX250h F SPORT」になると思います。

 

グレード構成は、

UX200、UX250hにそれぞれ、

ベースグレード、

バージョンC、

F  SPORT、

バージョンL

が設定されると予想されますが、

 

他のレクサスのグレード構成を見る限り、

ベースグレードは装備が劣るため、

装備が整った

バージョンCがお買い得と思われます。

レクサスUX,価格を調べてみると、絶妙な設定だった

レクサスUXの価格は、

ベースグレードの

2LモデルUX200で、

390万円になります。

 

2.5LハイブリッドのUX250hで、

425万円となります。

 

C-HRでは、

最安値のモデル1.2Lターボ車S-Tで、

229万円となります。

 

レクサスNXでは、

最安値モデル

2LターボのNX300で、

441万円になります。

 

こうして比較してみると、

各車の価格設定は絶妙ですね。

レクサスUX ライバル車BMW X2に勝つ理由とは?

レクサスUXのライバル車は、

メルセデスベンツGLA、

BMW X2

などのSUVクーペと呼ばれるモデルです。

 

SUVの力強さと

クーペのスタイリッシュさをもった車で、

セダンより車内が広くて実用的、

走破性も高く、

全世界的に人気のカテゴリになっています。

 

BMW X2や

メルセデスベンツGLAクラスの

スタート価格は400万円台から、

エンジンも1500~1600ccからです。

 

後発のレクサスUXは、

2000cc、

300万円台からと

アドバンテージがあります。

 

レクサスUXは、

スポーツSUVの総仕上げとして、

レクサスが最後に出した

コンパクトSUVクラスです。

 

お手頃価格のレクサスUXが、

人気車になるのは間違いないと思います。

-車ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年版大須の歩き方 地元民しか知らない穴場駐車場~銭湯まで

名古屋で街ブラができる 楽しいスポットと言えば、 大須。   名古屋の中でも大須は、 名古屋駅や栄スポットと違って、 昔ながらの商店街で風情を残しながら、   パソコン屋、電気部品 …

光岡ロックスター、C2型コルベット風だけど中身は・・・

光岡自動車が10月9日、 新型オープンカー Rock Star(ロックスター)の発売を発表しましたね。 光岡ロックスターは、60年代C2型コルベットっぽい なんと言っても、 光岡ロックスターは、 エク …

ホンダCR-V(DBA-RW1) 5代目で日本復活【最新情報】

ホンダCR-Vが 日本で復活しました。 5代目CR-V(DBA-RW1)が日本で復活した理由とは 2016年に、 4代目CRーV(RM1/4型)から、 5代目に切り替わった時、 日本市場には投入されま …

RAV4(XA50) 日本でも復活の5代目SUV【最新情報】

4代目で海外専用モデルになったRAV4、 5代目が日本に帰ってきます。 RAV4(XA50)のスペック サイズアップした? 5代目RAV4は、 全長 4595 mm 幅 1855 mm 高さ 1660 …

乃木坂工事中、ドライ部始動!ロケ地を調べてみたところ

乃木坂46の冠番組、 乃木坂工事中にて、 番組内部活「ドライ部」が始動しますね! 乃木坂46、ドライ部ってなに?ダジャレ?   「ドライ部」はさゆりんごこと、 松村沙友里が立ち上げた部活で、 …