車ニュース

4代目新型ジープ・ラングラー(JL) はガッカリなフルモデルチェンジか?

投稿日:

新型ジープ・ラングラーが、

11年ぶりにフルモデルチェンジします。

 

4代目、JL型となる新型ラングラー、

どんな車になっているのか?

キープコンセプトなのか、

ハイブリッドモデルなどの新しい車になっているのか、

見ていきましょう。

JL型ラングラー、デザインはCJ-5ジープ オマージュか?

4代目JL型ラングラーのデザインは、

民間用ジープ「CJ-5」によく似ています。

 

CJ-5は1955年発売のCJ-5は、

軍用のウィリスM38A1ベースの民間用ジープです。

 

民間用ですから、

乗り心地、シートなどを改善し、

30年間作られたモデルです。

 

「ジープ」と言うと、

思い浮かぶあのデザインがCJ-5で、

JL型ラングラーのデザインは、

ヘッドライト、

台形のフロントフェイシアなど、

CJ-5に寄せています。

新型JLラングラー、ただの大型SUV車になってしまったのか?

新型ラングラーのグレード構成をみると、

「Sport」

(2ドア、3.6LV型6気筒)

459万円

 

「Unlimited Sport」

(4ドア、2.0L4気筒)

494万円

 

「Unlimited Sahara Launch Edition」

(4ドア、3.6LV型6気筒)

530万円

となっています。

 

2ドアのSPORTは、

受注生産となっていて、

4ドアメインのモデルなのかと思われます。

 

ボディーサイズも、

Sport(ABA-JL36S)
全長:4320mm

全幅:1895mm

全高:1825mm

ホイールベース:2460mm

車両重量:1830kg

JC08モード燃費:9.6km/L

駆動方式:後2輪・4輪駆動・オンデマンド方式4輪駆動(選択式)

タイヤサイズ:245/75R17 112T

です。

 

JK型3代目のラングラーの2ドアモデルは、

 

全長:4185mm

全幅:1880mm

全高:1845mm

ホイールベース:2425mm

 

ですから、

全長、全幅、ホイールベースともに拡大していますね。

 

4ドア版に至っては、

 

Unlimited Sport(ABA-JL20L)

Unlimited Sahara Launch Edition(ABA-JL36L)

ともに、

・全長:4870mm

・全幅:1895mm

・全高:1845mm

・ホイールベース:3010mm

 

3代目JK型ラングラーの4ドア版が、

・全長:4705mm

・全幅:1880mm

・全高:1845mm

・ホイールベース:2945mm

 

ですから4ドア版も拡大していますね。

 

他の車と同様に、

モデルチェンジのたびに、

肥大化していますが、

果たしてオフローダーとしての能力はどうなのでしょうか?

ただのSUV車になり果てたのでしょうか?

新型JLラングラー、故障が多いは本当か?

新型JLラングラーは、

ラダーフレームのシャーシ、

前後リジッドアクスルサスペンションと、

昔ながらのキープコンセプトの設計です。

 

他のSUVや乗用車の

モノコックボディーとは違い、

頑丈な設計となっています。

 

つまり、ただのSUVと違って、

本格的クロカンであるのは間違いないです。

 

最近の日本車では、

新型ジムニーも同じく、

ラダーフレームですね。

 

ところで、

ジープラングラーは故障が多いって聞きますが、

どうでしょうか?

 

2代目TJ型(1996年-2006年)は、

故障が多いと言われていますが、

3代目 JK(2007年-2017年)になってからは、

だいぶ改善されています。

 

それでも故障事例は、

エンジンオイル、

ウォーターポンプは要注意。

 

これは他の外車にも多い故障事例ですね。

 

また、ジープは伝統的に、

バッテリー上がりが多いと聞きます。

 

新型JL型については、

最新のモデルですから、

より信頼性が高まっていると思います。

ジープ・ラングラーの最大の弱点は雨漏り!直ったか?

故障ではありませんが、

ハードトップ車は、雨漏りが多いと聞きますが、

4代目JLは改善されています。

 

トップ取り外し箇所のウェザーストリップを

二重構造化し、

ピラーに水抜きのドレーンパイプを

組み込んで雨漏れ防止対策をしました。

 

またハードトップ(フリーダムトップ)の軽量化によって、

トップの取り外しが楽になっています。

新型JLラングラー、昔ながらの車か?取り回し、安全性はあるのか

新型JLジープ・ラングラーは、

デザインも、ボディも、

キープコンセプトだとわかりました。

 

ジープのイメージから大きく離れるどころか、

ジープファンには大歓迎のモデルだと思います。

 

でも、3代目JK型は安全装備も現代的ではなく、

現代に取り残された車でした。

 

4代目はいかに?

 

まず取り回しですが、

JL型と比べて、

4ドアモデル7.1m→6.2m

2ドアモデル6.0m→5.3m

と改善されています。

 

2ドアは普通車と変わらないですよね。

 

また、安全装備では、

自動ブレーキや衝突警告、

ブラインドスポットモニタリング、

リアクロスパスディテクションが搭載されました。

 

ブラインドスポットモニタリング、

リアクロスパスディテクションとは、

隣接車線の斜め後方などの

見えにくい死角からの車の探知機能です。

 

新型ジープラングラーは、

安全性も現代車なみになっています。

 

クラシカルでワイルドなデザインに、

最新の安全性をもったラングラーは

大人気なりそうですね。

 

-車ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

台風時の車の運転対策!横転、水没しないために。保険は?

2018年は大型の台風が 何度も日本列島を襲っています。   台風の時でも、 車の運転をせざるを得ない時もあります。   台風がきた時に、 車の運転はどうしたらいいのでしょうか? …

ホンダCR-V(DBA-RW1) 5代目で日本復活【最新情報】

ホンダCR-Vが 日本で復活しました。 5代目CR-V(DBA-RW1)が日本で復活した理由とは 2016年に、 4代目CRーV(RM1/4型)から、 5代目に切り替わった時、 日本市場には投入されま …

新型スープラ(A90)の最新目撃情報 価格は?MT設定は? 

トヨタ 新型スープラのデビューは、 2019年夏以降と予定されています。   新型スープラがどんなモデルか、 価格は? MT車の設定はあるか? 最新の目撃情報、 発表情報を追ってみました。 …

7代目レクサスES(AXZH10)日本初登場!【最新情報】

2018年パリモーターショーで、 レクサスの新型、 7代目になるESが登場しました。 レクサスES、日本ではトヨタウインダム(MCV30) 2018年10月現在、 レクサスESは日本では販売されていま …

RAV4(XA50) 日本でも復活の5代目SUV【最新情報】

4代目で海外専用モデルになったRAV4、 5代目が日本に帰ってきます。 RAV4(XA50)のスペック サイズアップした? 5代目RAV4は、 全長 4595 mm 幅 1855 mm 高さ 1660 …